CD/RECORD/DVD/音楽書籍の中古品を中心にオールジャンルで展開しております。皆様の来店をお待ちしております。
ディスクユニオン千葉店BLOG RSSフィード

ディスクユニオン千葉店J-POP/J-ROCK/J-INDIES入荷情報
下記の商品は当店からの通信販売でお買い求め頂けます。
詳しくはこちらを
クリック

♪『H Mountains/sun』入荷しました♪

●H Mountains/sun/CD-R/500円
活動休止?となっているFar Franceのギター畠山が歌に挑戦するトリプルギター編成のマジック・ロック・バンド。
生活のにおい、遊び心、テキトー感を出しつつ、あらゆるジャンルの音楽を超越する真のクロスオーヴァー・サウンド。
某ライブハウスのブッキングマネージャーS氏に「ポップスとマニアックさのまとまり方がセンス良すぎる!ムーンライダースみたいだ!」と嫉妬される。
aafai、クラモトイッセイ、owllights、TACOBONDSのメンバー達が参加しており、幅広い音楽性のごった煮?ミクスチャー感?をポップスに昇華させた奇跡のサウンドは今各方面(どこだ)から注目を集めている。
でも本人たちは東京インディーシーンでゆるゆる活動中(なつもり)。
とにかく2011年大注目のこのバンド、店舗販売は現在diskunionのみとなってます。
オススメですよ!

♪担当オススメ『Your Last Chicken/Your Last Chicken』入荷しました♪

●Your Last Chicken/Your Last Chicken/CD/1,050円
担当オススメです、魔法のアンサンブルとボーカルは必聴です!
マリアハト、hara kazutoshiのリリースなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの鳥獣虫魚からリリースの、Your Last Chickenの作品が入荷しました!
3人組というミニマムな編成ながら、アンサンブルの妙と、素晴らしすぎるボーカルのハーモニーはまさにオルタナティブ・フォーク。ライブもこれまた素晴らしいので、気になる方は是非とも!。
Your Last Chickenは、ギター兼ボーカリストの千勝薪人(ちかつまきと)を中心に、パーカッショニストの工藤由美(くどうゆみ)とギター兼ボーカリストの日南京佐(ひなみけいすけ)を加えた三人からなるフォークロックバンド。
2009年8月結成後、スタジオライブや都内各地のライブバー、カフェなどで本格的にライブ活動を開始。
2011年4月レーベル鳥獣虫魚よりミニアルバムを発表。

♪特集YMO『Music Magazine 2011 July 7』入荷しました♪

●Music Magazine 2011 July 7/MAG/700円
【特集】 YMO
高度経済成長期の象徴的イヴェント、東京オリンピックから十余年──さらなる成長・発展を遂げた国際都市“TOKIO”から放たれた近未来型ポップ・サウンド。1978年にデビュー、コンピュータ/シンセサイザーを大胆に使ったYMOの音楽は、まもなく80年代の“現象”“カルチャー”になり、その後“伝説”になった。そのYMOのベスト・アルバムが発売されるという。現在はYELLOW MAGIC ORCHESTRAを名乗る彼らは、この夏、フジロックにも出演する予定だ。“伝説”は世代を超えて現在も有効か。そしてその内実とは?──そんな視点も入れつつこの特集を作ってみた。
■後追いのリスナーも刺激し続けるYMO(南波一海)
■今のYMOは、最高のジャズ・ファンク・バンドなのだ(高橋健太郎)
■“海外の若い世代”を意識した選曲のベスト盤『YMO』を聴く(松永良平)
■ヒストリー~今も生き続けるテクノ・ポップの“古典”(小山守)
■アルバム・ディスコグラフィ(今村健一、北中正和、栗本斉、小山守、萩原健太、松永良平、宗像明将、渡辺健吾)
■松武秀樹(ロジック・システム)に聞く(宗像明将)
■YMOの時代~彼らが象徴した80年代日本の「ポップ・カルチャー」(渡辺亨)

♪復刊!!『浅川マキ/幻の男たち+(プラス)』入荷しました♪

●浅川マキ/幻の男たち+/BOOK/2,310円
【内容紹介】
1/17に刊行された「ロング・グッドバイ 浅川マキの世界」に続く、以前より、要望の高かった、浅川マキ生前唯一の書き下ろし小説集「幻の男たち」(1985年講談社刊)を完全復刻!あわせて(プラス)、1993~1994年に音楽雑誌「DOLL」に連載された、単行本未収録の連載エッセイ「ゼロアワー」(10回分)を完全収録!浅川マキが1985年に書下した初の小説。
ファンの声に応え、ついに復刊!他に『DOLL』で連載された10篇のエッセイも収録。
幻の男たち<目次>
〈灯ともし頃〉キャバレー回りの頃と、室井昇のこと。
〈にぎわい〉原田芳雄と、文芸坐でのライブのこと。
〈向う側の憂鬱〉本多俊之と「老い」について。
〈プロデューサー〉寺本幸司と、デビューの頃のこと。
〈部屋〉六本木のアパートでの暮らしと、近藤等則のこと。
〈埠頭にて〉吉田拓郎のこと。
〈デュオ〉渋谷毅と阿部薫、そしてツアーのこと。
〈暗い目をした女優〉同棲していた男のことと、日劇ミュージックホー ル。
<ゼロアワー>
ちょっと長い関係のブルース
ネオン輝く日々
あんな女ははじめてのぶるーす
夕食はひとりでしたか
こぼれる黄金の砂
闇を駆ける
炎の向こうに
男からの声
SOME YEARS PARST

♪巻頭特集は吉井和哉×斉藤和義『Bridge Vol.68 7月号』入荷しました♪

●Bridge Vol.68 7月号/MAG/580円
★表紙巻頭特集:吉井和哉×斉藤和義
究極のロッカー対談が実現! 同い年、デビューもほぼ同時期など共通点が多く、最近特に急接近している吉井和哉と斉藤和義。常に自分自身をさらけ出して歌い続けてきた彼らが膝突き合わせて語り合った、必殺エロネタから震災以降の日本の姿、そして今だからこそ歌うべきラブ&ピースとは? ロック・モード全開の撮り下ろしフォトも必見!
*THE BAWDIES
なぜTHE BAWDIESはポジティヴなメッセージをロックンロールで発信し続けるのか? なぜ日本のロックシーンはTHE BAWDIESを求めるのか? さらにルーツに深く迫りながら、同時に「今」にがっちりリンクしてしまった傑作サードアルバム『LIVE THE LIFE I LOVE』を語る4人全員インタヴュー
*ゆず
ゆずのふたりが、その存在意義をかけて歌を届ける渾身のツアー「2-NI-×FUTARI」。被災地に赴いてライヴができる場所を自ら探すなど、路上時代の原点と今のゆずが交差していくのはなぜなのか。歌の力を信じて震災後の状況に立ち向かうふたりが語る
*LUNA SEA・SUGIZO2万字インタヴュー
LUNA SEAメンバー全員2万字連載、スタート! 記念すべき第1回はSUGIZOが登場。人生最初の思い出から現在まで――エネルギッシュな活動と同時に自分の居場所を求め続ける、その半生を今改めて明かす!
*flumpool
覚醒の一夜・最新ホールツアー名古屋公演に密着! 独占ライヴレポート&メンバー全員インタヴューで、かつてなく力強いロックを鳴らし始めたflumpoolの現在に迫る
*Superfly
彩りを増したサウンドの裏に隠された、シンガー・越智志帆の苦悩とは? 喜びも悲しみも飲み込んで、心の扉を開け放つサードアルバム『Mind Travel』に託した思いを明かす
*Base Ball Bear
ベボベの新たな幕開けを刻むニューシングル『yoakemae』リリース! 今年で結成10周年、確かな新境地に足を踏み入れた4人が語る、Base Ball Bearの信念と成長
*溝渕 文
早くも唯一無二の輝きを放つシンガーソングライター溝渕 文。引きこもりだった彼女が自分だけの「歌」を手にするまでの軌跡とは。その破格の才能の根源を解き明かす
*ROCK'A'TRENCH
ロッカトレンチの力強くまっすぐなポジティヴィティの根源に迫る! シングル『光射す方へ』でさらに確信的になった、ゆるぎないバンドのアティチュードに迫る
*音速ライン
エモーショナルな新曲と郡山でのライヴDVDをパッケージした完全受注生産シングル『Nir』。福島在住の藤井は今、何を思い何を鳴らすのか
*back number
「恋の終わり」から始まったバンドが、初めて歌った「はじまり」。ニューシングル『花束』に込められた決意と覚悟を語るメンバー全員インタヴュー
*ハナエ
羽化直前の瑞々しい輝きをたたえた17歳のシンガーソングライター登場。少女の闇と夢、美しさと儚さを体現する彼女の内面をひもとく
*手嶌葵
“テルーの唄”から5年、ふたたびジブリ映画とめぐり合った天性のシンガー。シングル『さよならの夏~コクリコ坂から~』が刻んだ手嶌葵の成長と変化

皆様のご来店お待ちしております。

diskunion千葉店
千葉県千葉市中央区富士見2-9-28 第一山崎ビル2F
TEL:043-224-6372
OPEN11:00~CLOSE20:00
SHOPNEWS:http://diskunion.net/shop/ct/chiba
E-MAIL:db@diskunion.co.jp

   

友だち追加数 
当店にある在庫は、通信販売にてご購入頂けます。
※SALE品は、SALE当日14時から通信販売可能になります。予めご了承ください。
通信販売のご案内
Topic
店舗情報
ディスクユニオン千葉店
ディスクユニオン千葉店
営業時間:11:00-20:00

〒260-0015
千葉市中央区富士見 2-9-28
第一山崎ビル2F
TEL: 043-224-6372
E-mail: db@diskunion.co.jp

千葉買取センター 併設
フリーダイヤル: 0120-278-214
(携帯電話: 043-224-8214)

地図 Click!拡大

【駐車場サービス】
*提携駐車場の1時間無料サービス券


店舗在庫検索サービス
Twitter
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 5 6 7
11 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
スマートフォンサイト
バーコード
ACCESS TOOL
Powered by ニンジャブログ Designed by ゆきぱんだ Copyright © ディスクユニオン千葉店 All Rights Reserved